ホーム  >  愛知県岡崎市・豊田市・西三河エリアの不動産売却はセンチュリー21中部住まいる不動産販売  >  動画で解説!  >  【売却Q&A】既存不適格建物の売却について

【売却Q&A】既存不適格建物の売却について
カテゴリ:動画で解説!  / 投稿日付:2024/05/08 00:00



既存不適格建物について解説しています。

Q:私の家が「既存不適格建築物」と言われました。既存不適格とはなんでしょうか?

A:建築当時には適法だったものの、法改正により基準に合わなくなってしまったものが「既存不適格」です。


Q:なるほど。ただ建築時は適法ということなので特に気にすることはないですね?
A:いえ、いくつか気を付けなければいけない事があります。例えば、売却は通常の住宅に比べて難しいと言われています。


Q:え!?なぜですか?
A:はい、まず購入者のローン審査が通り辛いからです。既存不適格建築物の場合、既存の建築物と同じ規模・同じ用途での建て替えや、建築確認が必要な規模の修繕を行うことができないこともあるため、担保価値が低くなり、購入希望者が希望額でのローン審査に通り辛い可能性があります。


Q:確かにローン審査が通らないとそもそも買主は購入できないですよね。他にも売却が難しい理由ってありますか?
A:はい、例えば新築当時に指定された建蔽率・容積率の制限値が、その後変更されたことにより、購入者が建て替える際には、既存の建築物より建築可能な規模が小さくなってしまい、制限される場合があります。活用範囲が狭まるため、魅力が少ないと感じられてしまう可能性がありますね。


Q:確かに制限があるのは嫌ですね。既存不適格の場合は売却するのは難しいのでしょうか?
A:いえ、きちんと気を付けるべきポイントを押さえておけば既存不適格でも売却することは可能です。


Q:その気を付けるポイントとは何でしょうか?
A:まずは既存不適格建築物であることをきちんと買主に告げることです。併せてどのような制限を受ける可能性があるかについて納得をしてもらう必要があります。次に買いたたかれる可能性がある点です。既存不適格建築物は、活用に制限が生じるため、周辺の相場価格での売却は難しい可能性があります。とはいえまずは、周辺の相場価格を知った上で、複数の不動産会社などに相談し、信頼できる不動産会社を見つけることが大切です。まずは、豊田市・岡崎市の不動産売却に強いセンチュリー21中部住まいる不動産販売 岡崎店へお気軽にご相談ください。


**―――** **―――****―――****―――**

 

岡崎市・豊田市で不動産(戸建・マンション・土地)の売却のご相談はセンチュリー21中部住まいる不動産販売 岡崎店へご相談ください。

不動産買取・任意売却・リースバックのご相談も承っております。(相談料無料)

岡崎・豊田・三河エリアに強く、経験の豊富なスタッフが対応いたします。


売却をご検討の方は下記フォームからメールにてご相談かお電話にてご相談くだ
い。

0120-31-2028(年中無休・通話料無料)



〇お問合せフォーム〇


Aコース:まずは相場から知りたい
岡崎市・豊田市の不動産売却や、不動産買取・査定はセンチュリー21中部住まいる不動産販売 岡崎店へ


Bコース:急いではいないが売却を検討されている
岡崎市・豊田市の不動産売却や、不動産買取・査定はセンチュリー21中部住まいる不動産販売 岡崎店へ


Cコース:できるだけ早く売却したい
岡崎市・豊田市の不動産売却や、不動産買取・査定はセンチュリー21中部住まいる不動産販売 岡崎店へ


Dコース:即現金がほしい。買取を御希望
岡崎市・豊田市の不動産売却や、不動産買取・査定はセンチュリー21中部住まいる不動産販売 岡崎店へ


〇スタッフ紹介〇

岡崎市・豊田市の不動産売却や、不動産買取・査定はセンチュリー21中部住まいる不動産販売 岡崎店へ


〇現在お取り扱いしている物件ホームページ〇

岡崎・豊田・三河エリアに強く、経験の豊富なスタッフが対応


査定フォーム や お問い合わせフォーム からでもお問い合わせ・ご相談を承っております。

岡崎市・豊田市を中心に愛知県内の不動産売却のご相談は、年中無休で営業している
センチュリー21中部住まいる不動産販売 岡崎店におまかせください!

岡崎市・豊田市の不動産売却や、不動産買取・査定はセンチュリー21中部住まいる不動産販売 岡崎店へ

0120-31-2028(年中無休・通話料無料)

**―――** **―――****―――****―――**

ページの上部へ